So-net無料ブログ作成
デモデックス
本屋大賞 ブログトップ

本屋大賞2017年ノミネート候補10作品が発表! [本屋大賞]

本屋大賞2017年のノミネート候補10作品が1月18日(水)に発表されました!

本屋大賞2017にて第14回目の開催。

本屋大賞2017は
2015年12月1日~2016年11月30日の間に刊行された日本の小説が対象になります。昨年11月1日から今年1月4日まで一次投票が開催され、全国461書店580人の投票がありました。

一次投票で選ばれた上位10作品がノミネート候補10作品となり、二次投票を経て年間大賞が決定します。
年間大賞の発表は4月11日(火)です。


スポンサードリンク




本屋大賞2017年ノミネート候補10作品の発表です!

<追記 12時05分>
■2017年本屋大賞ノミネート10作 (作品名五十音順) ■作品名
1.『i』
西加奈子(著)
ポプラ社

2.『暗幕のゲルニカ』
原田マハ(著)
新潮社

3.『桜風堂ものがたり』表紙 『桜風堂ものがたり』
村山早紀(著)
PHP研究所

4.『コーヒーが冷めないうちに』
川口俊和(著)
サンマーク出版

5。『コンビニ人間』
村田沙耶香(著)
文藝春秋

6.『ツバキ文具店』
小川糸(著)
幻冬舎

7.『罪の声』
塩田武士(著)
講談社

8.『みかづき』
森絵都(著)
集英社

9.『蜜蜂と遠雷』
恩田陸(著)
幻冬舎

10.『夜行』
森見登美彦(著)
小学館


本日1月18日から二次投票のスタートです。

二次投票ではノミネート10作品を全て読んだ上でベスト3作品を推薦理由とともに投票します。二次投票の受付は2月28日まで。

書店員の皆様、大変ですね^^

本屋大賞2017の年間大賞の発表日は、2017年4月11日(火)の予定です!本屋大賞2017の発表時間が気になりますね。いつ?何時ごろかな?ノミネート発表と同じお昼頃でしょうか?

本屋大賞2017年はどの作品が年間大賞になるのか?
1位の大賞だけでなく、本屋大賞2017の順位も楽しみです!

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

本屋大賞2017年ノミネート候補を予想!恩田陸『蜜蜂と遠雷』に注目 [本屋大賞]

本屋大賞2017年のノミネート候補作品が1月18日(水)に発表されます。どんな作品がノミネートされるのか?予想します。

昨年2016年は宮下奈緒じゃなく・・宮下奈都氏『羊と鋼の森』が大賞を受賞しました。ピアノ調律師の姿を描いた作品ですが、大きなくくりで言うと「音楽関係」です。

昨年12月15日には映画化が発表。

”音楽関係を題材にした作品”がノミネートされると予想します。ベテラン女性作家の渾身の作品に注目です。


スポンサードリンク




本屋大賞とは


「本屋大賞」とは「全国書店員が一番売りたい本を選ぶ」というコンテスト大賞です。本屋大賞2017にて第14回目の開催となります。

本屋大賞2017の対象作品は
2015年12月1日~2016年11月30日の間に刊行された日本の小説です。
この期間に刊行された小説からノミネート候補作品が選ばれます。

本屋大賞ノミネート候補発表日と大賞発表日


今年2017年は「1月18日(水)」に発表されます。
時間は例年通り昼12:00頃で、本屋大賞公式サイトにて発表です。

大賞発表決定日は2017年4月11日(火)です。

本屋大賞公式サイトよりご確認下さい。
http://www.hontai.or.jp/

本屋大賞2017年ノミネート候補の予想


さて、ノミネート候補10作品を予想してみたいと思います。

まずは芥川賞直木賞関連。

2016年上半期の受賞作品が来るでしょう。
芥川賞受賞の『コンビニ人間』。
直木賞受賞の『海の見える理髪店』。

芥川賞直木賞2016年下半期の候補作品からもノミネート入りの可能盛大。
本屋大賞2017ノミネート発表の翌日1月19日(木)に芥川賞直木賞の発表があります。

直木賞候補になった、恩田陸氏『蜜蜂と遠雷』がノミネートされると予想します。

気になる点が一つ。恩田陸さんは第2回・本屋大賞2005に『夜のピクニック』で大賞受賞しています。

「同一作家の2回受賞」は”アリ”なのか?
評価が非常に高い作品なので、ノミネートはされると思いますが・・

本屋大賞2017ノミネート候補は1月18日(水)昼12:00頃、公式サイト上で発表されます。発表され次第、追記します。

本屋大賞2017の年間大賞の発表決定日は、2017年4月11日(火)です。今年2017年はどんな作品がノミネート候補になるのか?楽しみです!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

羊と鋼の森が映画化 キャストを予想!2018年公開予定 [本屋大賞]

宮下奈都の小説『羊と鋼の森』が映画化が決定です。

配給大手「東宝」が12月15日開催した「2017年度ラインナップ発表会」の場で発表。公開予定は2018年。

1、羊と鋼の森とは?
2、実績、受賞歴
3、監督・キャスト・スタッフは誰?

1、『羊と鋼の森』とは


ピアノの調律に没頭した青年が成長する姿を描いた長編小説。調律師として、人として成長する姿を穏やかな書きぶりでつづり、「どのように映像化するのか?」に大きな注目が期待される。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

羊と鋼の森 [ 宮下奈都 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/12/16時点)



2、実績・受賞歴


各種文学賞を3つ受賞。3冠達成!

●2016年本屋大賞(第13回)の年間大賞1位を受賞。
●「2016年キノベス!」第1位 紀伊国屋書店
●「2015年ブランチブックアワード」大賞 TBS系「王様のブランチ」

2015年下半期『第154回直木賞』候補作品に選出されました。


スポンサードリンク




3、監督・キャスト・スタッフは誰?


発表会では「映画化決定」の発表のみ。
監督・脚本・キャスト・スタッフは後日発表とのこと。

登場人物を整理します。
主人公 外村
先輩調律師
専門学校の講師
などなど。

じっくり予想し隊と思います!

監督・脚本・キャストの発表はいつ頃になるのか?
発表が楽しみです!

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
本屋大賞 ブログトップ
最新トレンドニュース